2021年02月18日

20日の街宣は、天下茶屋駅周辺でおこないます!

「副首都推進本部会議」を、国で言う「閣議」化へ!  「政令市・大阪市」は消えてしまいます。
 
都構想の「焼き直し」というべき「広域行政一元化」条例の「条例本文」の中身がだんだんと明らかになってきました。
  
公明党との条文について、調整が続いているようですが、条例そのものは簡素なもので、地方自治法で言う「指定都市都道府県調整会議」を飛び越えて、大阪独自の「副首都推進本部会議」を、国で言う「閣議」的なものとして、大阪市の独自権限を奪って、大阪府知事(首相)の元に大阪市長(閣僚の一員)を位置付けるという、とんでもない内容のようです。 公明党が要求しているのは大阪市長に重要ポスト(副首相ぐらい)を与えてほしいというようなもので、本質は全く変わりません。
 
こんな条例を全国の「政令指定都市」の市長さんが聞いたら激高するでしょうね。

今週の「土曜街宣」は、20日、13時~「天下茶屋駅」周辺!
日時 2月20日(土) 13時~14時30分頃まで
場所 地下鉄堺筋線終点、「天下茶屋駅」 (南海本線・高野線の途中駅でもあります)
     
*駅舎の東側広場に集合し、東西2~3ヶ所で行います。
*コロナ感染防止対策に万全を期し、マスク装備、3密回避で行います。体調に配慮の上。皆さまの参加をお願いいたします。
posted by terama at 18:58| Comment(0) | 広域行政一元化反対 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください