2020年11月30日

「大阪の再生・成長に向けた新戦略」(案)に対するパブコメを出しましょう!

どないする大阪の未来ネットからのお知らせです。

「パブコメ」への発信をご検討ください!

連日ご苦労様です。
「都構想」を否決にできたことを本当に喜びたいと思います。

しかし、市長・知事は引き続き平然として居座り、府・市政を牛耳っています。彼らの「市民不在の政策」でどんどん大切な税金が使われていきます。
カジノに反対する9団体は、府・市の来年度予算編成に対し、カジノ関係予算の削除、コロナ対策充実の要求書の提出と交渉を計画しています。

「広域行政一元化条例」反対への運動と並行して、無謀な大型投資への追求を大衆的に繰り広げる必要を感じます。

今のままで進むと、万博に向けて「地下鉄延伸」に540億円、夢洲島内のインフラ整備に500億円が投入されます。会場建設費が1600億円以上、・・・わずか半年の「万博」に運営費を含めたら3000億円以上の投入です。うち府・市の負担は1000億前後になります。

2025年10月に「万博」が終わったら、地下鉄は「休業」?。 跡地利用も定かでない(100歩譲ってカジノが来たとしても2028年以降)、 こんな無茶な投資を許して良いのか。皆さん、声を出しましょう。 一人一人ができること、まずは「パブコメ」を出しましよう。 

大阪府・市が「大阪の再生・成長に向けた新戦略」(案)を出しました。同時にこの案に対する「パブコメ」を募集しています。
(11月20日~12月19日まで)(大阪府HPより検索)

大阪府政策企画室の担当ですが、都構想否決以降、「副首都推進局」も残そうとしているし、「IR推進局」も申請が遠ざかっているのに、何の仕事をしているのか存在している。
観光局は溝端氏が居座っている。今後、どこが主力になるのか・・・・、新戦略(案)を読みましたが、要点は次のようです。

*戦略の目標
2022年以降、府内総生産(実質)年2%以上の確保
内外からの誘客 「大阪都市魅力創造戦略2025」の策定   
スタートアップ創出数 300社創出(内 大学100社)
雇用創出 年平均 2万人
府内への転入超過数 年1万人以上

*取組方向の概要
ウイズコロナへの緊急対策   
ポストコロナ 
IR誘致による国際戦略拠点の形成
うめきた2期 スーパーシティの区域指定
未来社会の実験場となる「万博」

*各柱建ての取り組みの方向性
大阪関西万博  
輸送力増強  追加埋立  スマートシティ・都市インフラ整備
国内外の観光需要の取り組み強化
IRの推進  大阪IR基本構想を踏まえて進める
夢洲での「万博」の成功
バーチャル大阪館の開設(万博前)

<読んで感じたこと>
基本的にコロナ以前の構想を基本としている。
2022年には、コロナは収束と見込み、以降は全て元に戻ることを基本としている。
付属的に災害対応力を上げているが、「予知」・「避難」の対応だけで、津波・高潮等を防ぐ「ハード」対策がない。  
などを感じました。

60頁中、「カジノ」の一言も出てこない・・IRを言いつつ「カジノ」隠し。

以上、みなさん 大阪府HPより検索いただき、意見を出しましょう。

【締 切】令和2年12月19日(土曜日) (※郵送の場合は消印有効)
【送付先】大阪府 政策企画部 企画室 計画課 計画グループ あて
○郵送の場合   〒540-8570 大阪府大阪市中央区大手前2丁目
○FAXの場合  FAX番号 06-6944-6497

新戦略案に対するどないネットからのパブコメ案を添付します。
大阪経済戦略パブコメ原稿doc.pdf
posted by terama at 09:30| Comment(0) | 都市問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください