2018年04月14日

夢洲の万博・カジノ予定地を視察

天満橋周辺での署名行動のあと、参加者は、維新の会が万博やカジノ・IRの候補地としている夢洲の視察をおこないました。
全港湾大阪支部に用意していただいたマイクロバスで、まず咲洲の大阪府咲洲庁舎に向かいました。ここでは55階にある展望台に上り、まず湾岸地域の全体像を把握するとともに、夢洲全体を上から見て、現在の状況を確認しました。参加者からは異口同音に、こんなところで万博とカジノ・IRを同時に進めるのは無理や、との声が出ました。夢洲ですでに稼働しているコンテナ基地以外は、まだ土地が固められていないままで、水面が残っている部分も相当あります。

IMG_1453.jpg
IMG_1452.jpg

港湾労働者の立場からは、今でさえコンテナ運送のトラックで渋滞しているのに、仮に万博やカジノの工事車両が通るとすれば、荷役がストップしかねない、そのしわ寄せが港湾労働者の押し付けられるのではないか、という懸念も述べられました。

IMG_1454.jpg

この後、実際に夢洲の中を回ってみて、こんな狭いところで万博とか無理、というの実感です。参加者は視察を終えると、田中機械内の地底食堂で交流会を開き、この日の視察行動の感想などを語り合いました。

IMG_1458.jpg
ラベル:万博 カジノ
posted by terama at 22:31| Comment(2) | 大阪万博 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
募るばかりの安全面や保安面の不安と懸念を足蹴にする様に、昨夜(11月24日)未明、2025年大阪万博開催が決定しました。しかも報道では推進派、及び歓喜する側の様子ばかりの偏った内容を、これ見よがしと繰り返し見せつけるばかり。会場となる舞洲やアクセスである関西空港など、先の大阪北部地震や巨大台風で甚大な被害を受け、長期にわたり機能停止になったのは記憶に新しいところです。それなのにこれらの現実はまるでなかったかの様に無視され隠され、万博ムードだけが大手振って一人歩きし始めました。まさに現在急ピッチで準備が強行されている2020東京五輪と同じく、政権や巨額の利潤を貪るであろう財界にのみ、有利で美味しいだけのイベントになり下がるのは間違いないでしょう。東京五輪ではこれに向け、共謀罪と称する現代版治安維持法と開催予定地区からの強制撤去(追い出し)が進められています。いずれ大阪でも同様のことが強行され、一過性のお祭り騒ぎのため地域の歴史や伝統、住民の生活基盤が有無を言わせず破壊されてしまうのは間違いありません。それなのに経済相や知事などは、「大阪はこれからもっと良くなるでしょう」などと、いかにも「してやってる」とか「どうだうれしいだろう」といった上から目線、並び強者の理論で自分たちの“手柄”を自慢。今回の万博決定を機に、多くの市民がこれを大阪維新サマのおかげとばかりミーハーの如く賛同し、都構想という名の大阪市処分(廃止・解体)へと走ってしまうこと。おそらく大阪維新は万博誘致成功を強くアピールし、今後の府政や市政で都構想反対派を抑え込む格好の材料にするでしょう。ただでさえ日々一刻大阪が息苦しく住み辛いギスギスした土地になりつつあるのに、さらに拍車をかけては改革・刷新!とばかり自画自賛をゴリ押しする大阪維新、並び政府と一般市民の感情が乖離しているとは情けない限りでしかありません。これから先、大阪はどうなるのだろう・どこへ行くのだろう・・・・。
Posted by たけし at 2018年11月24日 03:35
あと少しばかり付け加えさせて頂きますと・・・・。
今回の万博誘致決定による地域社会の破壊はともかく、かねてから審議されているカジノやIR(総合リゾート)にも少なからぬ影響が出てくるでしょう。
けれどもっと怖いのは、現在市長を先頭に進められている大阪市の教育改革(改悪)の加速です。
具体的にいえば、東京都で進められている特別教材によるオリンピック賛同(というより洗脳)教育と同質のものが新たな義務と負担になり、目先の数字(点数・金額)による判断や処理と共に、学校現場や児童生徒に押し付けられること。
具体的な懸念として、ボランティア精神と自発性の涵養に名を借りた国家主義や全体主義などといった、権力や体制に従順なイエスパーソンの量産です。
このまま放置すれば今回の成功?を材料に、大阪維新による都構想を含めた府政や市政の長期独占の危険が恒常化してしまうかもしれません。
そうなれば大阪は日本一、いや世界生き辛い土地になるだけでなく、諸悪政治の根源として世界の笑い者・嫌われ者になってしまうでしょう。
このまま黙って大阪市の処分を受け入れるのか、それとも破壊されたものの修復と市民目線での防災を含めた次世代に向けた大阪市のさらなる構築と発展を目指すのか・・・・今こそ市民の知恵と力が試されようとしていることを忘れないでください。





Posted by たけし at 2018年11月24日 04:56
コメントを書く
コチラをクリックしてください