2018年01月22日

九条駅前で署名活動(1月21日)

どないネットは、大阪市存続署名統一街宣日の21日、地下鉄九条駅前で署名活動をおこないました。1時間半の署名活動で、57筆の署名をいただきました。

署名の最終集約は2月21日です。どないネットでは、2月10日の統一街宣(天王寺駅前)に続いて、17日に南森町の天神橋商店街入口で署名活動をおこなう予定です。ふるってご参加ください。

また、2月13日には、市民運動の連携で止めよう「都構想」「どないする大阪の未来ネット」発足1 周年シンポジウムを開きます。こちらのご参加もよろしくお願いします。
日時:2018年2 月13 日(火)18 時30 分~
会場:エルおおさか本館708 号室(京阪・地下鉄「天満橋駅」下車西へ5 分)

https://www.facebook.com/events/163215240980767/

IMG_1767.JPG
posted by terama at 16:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

第6回法定協議会で特別区素案についての議論が本格化

1月16日、大阪都構想の第6回法定協議会が開催されました。その場で、副首都推進局作成の特別区素案について討議が本格化そています。幸田泉さんのブログで、この第6回法定協議会での議論が紹介されています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 1月16日、大阪府庁で第6回「大都市制度改革(特別区設置)協議会」(法定協議会)が開かれました。冒頭、副首都推進局から総合区制度の財政シミュレーションについて説明がありました。その後の討論では、本来の法定協議会のテーマである特別区制度(大阪都構想)についての質疑が大半を占めました。吉村洋文・大阪市長は、2015年5月の住民投票で否決された大阪都構想を「バージョンアップする」との前提で復活させて進めていますが、今回、提示されている特別区素案が果たしてバージョンアップした案と言えるものなのかどうかも焦点となりました。

以下、具体的な討議内容は、幸田泉さんのブログ「フリージャーナリスト幸田泉の取材日記」をご覧ください・
http://kouda-izumi.seesaa.net/article/456287001.html
posted by terama at 20:48| Comment(0) | 大阪都構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

大都市・税財政制度特別委員会で総合区・特別について議論(1/11)

2018年1月11日、大阪市議会の大都市・税財政制度特別委員会が開かれ、総合区素案、特別区素案について討議されました。その内容について、幸田泉さんのブログ「フリージャーナリスト幸田泉の取材日記」に掲載されています。いつもながらの丁寧な取材には、頭が下がります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 1月11日、大阪市議会の大都市・税財政制度特別委員会(大都市特別委)が開かれました。テーマは総合区素案と特別区素案について。総合区に関しては「大阪市内24行政区を8総合区に合区する」という副首都推進局作成の総合区素案が出来上がり、昨年11月3日から12月23日にかけて24行政区で各1回ずつ住民説明会が行われて計1987人が参加しました。総合区は大阪市が存続するという点で大阪市を廃止する特別区素案(大阪都構想)と決定的に違いますが、いきなり24区を8区にするという話であり、市民生活に影響が大きい点では共通しています。大阪市を廃止する特別区素案は現在、大阪市を四つの特別区に分割する2案と、六つの特別区に分割する2案の計四つの素案が副首都推進局から提示されています。
 吉村洋文市長は「大都市制度改革が必要」との方針を堅持していますが、総合区素案の住民説明会でも参加者からは「どうして合区ありきなのか。今の24区を残すという選択肢はないのか」との声が多数出ました。

以下、詳しい内容は幸田泉さんのブログをご覧ください。
http://kouda-izumi.seesaa.net/article/456240189.html
posted by terama at 16:18| Comment(0) | 大阪都構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

市民運動から考える「都構想」〜どないネット発足1周年シンポジウム

どないネット発足1周年にあたり、市民運動から考える「都構想」・どないネット発足1周年シンポジウムを開催します。以下、シンポジウム開催の呼びかけを掲載します。ふるってご参加ください。

なお、シンポジウムのチラシは以下よりダウンロードできます。
18年2・13集会ビラ.pdf

=巨額投資の負担は一般庶民に=

大阪市を廃止するための「大阪都構想」問題が再び登場し、重要段階を迎えようとしています。
市長・知事の意向は今秋に「住民投票」で決着をつけると言い、再度「巨額の税金」が無駄遣いされることになります。提案されている「素案」では、大阪市が廃止され、特別区設置の初期費用で302億~768億円、ランニングコストで毎年39億~62億円が必要と言います。巨額負担が市民にかかります。「都構想」は、「二重行政」をなくす制度だと言います。本当に無駄な二重行政はあるでしょうか。大きな問題ですが、市民の関心はまだまだです。

=どのような運動を構築するか=
 
各課題で市民生活を守る「市民運動」の広がりこそが「大阪都構想」を止める力だと考えます。同時に市民運動が提起する「課題」の共有・連携が「大阪市廃止」策動を止めた以降の大阪市の住みよい「町づくり」政策を生み出すと思います。こうした問題意識を共有できたらとシンポジウムを企画いたしました。
研究者の立場から冨田先生の「講演」、市民福祉の象徴である「住吉市民病院」問題、市民不在で進行する「万博・IR・カジノ」問題、問われる「マスコミ界」、各方面からの提起を含め、参加者の皆さんと議論できたらと思います。皆様のご参加をお待ち申し上げます。

市民運動から考える「都構想」シンポジウム
日時:2018年 2月13日(火) 18時30分~
会場:エルおおさか 本館 708号室(京阪・地下鉄 「天満橋駅」下車 西へ 5分)
内容:講演:「都構想」をいかに止めるか  関西学院大学教授  冨田宏治さん
   市民運動からの問題提起
    *「廃院迫る住吉市民病院」    社会福祉士 中辻 潔さん
    *大丈夫か「夢洲」での万博・IR・カジノ誘致
          カジノ問題を考える大阪ネットワーク 藤永のぶよさん
    *取材を通して考える「都構想」問題 
          フリージャーナリスト 幸田 泉さん 
 参加資料代:500円
 主催: どないする大阪の未来ネット
   連絡先:大阪市北区天満1―6-8  六甲天満ビル2階 ユニオンネット内
   電話:06-6355-3101  メール:donaisuruosaka@gmail.com

18年2・13集会ビラ.jpg



posted by terama at 15:13| Comment(0) | 宣伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪市水道経営戦略パブコメを出そう!

AMネットから、大阪市水道経営戦略について、パブコメを出すことの呼びかけが出されています。以下、転載しますので、どんどん出していきましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【1/17〆切】大阪市水道経営戦略パブコメを出そう!

大阪市の水道局が、パブコメを募集しています。

「今後、パブリック・コメントにおいて市民・お客さまの皆さまからいただいたご意見等を踏まえながら、
平成30年3月を目途に「(仮称)大阪市水道経営戦略(2018-2027)」を策定してまいります。」

とのことですので、みなさまどんどんパブコメを提出しましょう!
(仮称)大阪市水道経営戦略(2018-2027)(素案)のパブリック・コメント詳細はこちらから
http://www.city.osaka.lg.jp/templates/jorei_boshu/suido/0000419095.html

とはいえ、素案は168ページもあり、概要版だけではなかなか内容をつかむことは困難です。

この度、AMネットの提出予定のパブコメを数回に分け、公開しました(水道事業編)。

よろしければ参考にしていただき、市民の声を大阪市水道局に届けましょう。
平成30年1月17日(水曜日)必着。郵送・メール・FAXいずれもOKです。

<以下、AMネットパブコメ案概要>

①適正な水道料金で、必要な収入を確保すべき
②この経営戦略の目指す将来像の達成には、公営が適している
http://am-net.seesaa.net/article/456069570.html
③民間企業に「公共の役割を求める」こと自体が、そもそも不適切
④事故リスクの軽減・未然防止対策は、民間活用で逆行しないか。
http://am-net.seesaa.net/article/456069943.html
⑤職員のノウハウは、「大阪市の水道技術力」の源であり、市民の財産です。
⑥どこまでが「直接公共が担うべき業務」なのか考え方が明確でなく、なし崩しに現場力を失う懸念。
⑦広域連携に水利権の視点を入れるべき。
http://am-net.seesaa.net/article/456121318.html
posted by terama at 14:23| Comment(0) | 水道民営化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする